車の買取を少しでも高く行ってもらうには

2016-07-10_161910

車を買取依頼を行う場合、どのようなポイントに注意しますか。
少しでも高く買取をしてもらい、次に購入する車の一部にしたいと考えることは誰でも同じのはずです。少しでも高く買取を行ってもらうには、さまざまなことに注意をしておくことをお勧めします。

↓無料の車査定はここから!

まず、走行距離や車自体のダメージなどは理解できるはずです。しかし、それだけではなく、車の整備を行った記録も重要なポイントになります。車自体の価値を決めるのは、走行距離だけではありません。消耗品の交換も含めた整備記録は、状態の良い車という証明になります。ですから、車の買取をしてもらう場合は、必ず整備記録も保管しておくことをお勧めします。

また、買取をしてもらう前にはしっかり洗車などをしておくこともお勧めします。査定をしてもらうときには、塗装の状態を確認するためにボディをしっかり確認されます。今の状態がとても良いこと、そして綺麗な状態であることをアピールするためにも、買取査定をしてもらう前には洗車を行っておくようにしましょう。これは、エクステリアだけではなく、インテリアの掃除についても同じように行っておくべきでしょう。

そして、買取の査定については多くの業者から行ってもらうようにしましょう。1社だけではなく、数社から買取の査定をしてもらえば、少しでも高い買取価格を付けてくれる業者を探すことができるはずです。そうすることで車種の大体の買取相場を知ることも可能になってきます。

>>ベンツCクラスの買取査定相場と市場での位置づけ

最近ではインターネットを利用した数社からの一括査定が人気があります。こうしたサイトを利用することも良い方法です。

 

買取店の基本査定の秘密とは?

買取店で査定をされた方なら一度は聞いたことのある『基本査定』

基本査定ってなに?って思いませんか?

基本査定 = 相場?!

間違ってはいませんが、私から言わせれば、そもそも基本査定って誰が決めているの?って感じです。

中古車の場合、『相場』には色々とあります。

ここでは、「クルマの相場の決まり方」についてお話します。

中古車の『相場』の種類

下取り価格の相場
新車のディーラーさんや中古車屋さんで付ける下取り価格の相場です。

各社独自のデータを持っています。

買取価格の相場買取店で付ける買取価格の相場です。

基本的には、オートオークションの過去の取引データを見て決めています。

業者間取引価格の相場(オートオークション)買取店やディーラーさん、中古車屋さんが最も見ている情報です。

全てはここから始まると言っても過言ではないです。

買取価格・下取り価格・プライス価格の基本となる相場ですね。

プライス価格の相場幾らで仕入れて、幾らの利益が必要かによって変わりますが、車種・グレード・年式・走行距離で大体のプライス価格の相場が決まってきます。

プライス価格の相場より安く展示すれば、売れやすいですし、逆に高ければ、売れ残る可能性が高くなります。

話を戻しますが、買取店の『基本査定』ですが、買取店での商談に実はヒントが有ります。

買取店で行う商談の流れですが、、、

1車検証のコピーを貰う

2査定受付票(アンケート)の記入のお願い

3現車査定

4データの送信

5売却動機等の聞き出し

6基本査定・流通の説明

7買取価格の提示

8交渉

9契約

10書類説明・・・・と続くわけですが、、、

『基本査定』ですが、6番の所で出てきます。

流れでいきますと、7番の買取価格の提示の前に、基本査定の説明をしています。

今回のポイントは、スバリここです!!

何故、買取価格の提示の前に基本査定の話をするか?

買取店の営業さんにこのレポートを見られると怒られてしまいそうですが、、、秘密を教えちゃいますっ!!

お客様の希望金額を聞き出す為に行っているんです!!

他にも、、、他社で査定をしているか?

他社が幾ら提示しているか?聞き出す為に行っています。

また、買取価格を提示する前の布石を打っていたりもしています。

買取の商談では、かなり重要なポイントでして、デキル営業さんは、確実に押さえてきますねっ!!

商談内容の例を上げると、、、例1営業「基本査定は、50万円ですね。」

お客「そんなに安いの?!」営業「あくまで基本査定ですから・・・(車を褒める!!)」

「○○なので、プラス査定になりますっ!!」

「お客様としては、幾らぐらいでお考えだったのですか?!」

例2営業「基本査定は、100万円ですね。」

お客「もうちょっとならないかな~?!」

営業「ご希望は幾ら位なんですか?!」

お客「120万円位付けば直ぐ決めるよ!!」

営業「良い金額ですね・・・。」(他社は、100万円~119万円以内だなっ)・・・

営業「120万円は流石に決済取れませんでした。。。」

「ちなみに他社さんは幾らでした?」

お客「105万円で、今決めてもらえればプラスα頑張りますってさぁ」

営業「105万円も凄い頑張った金額ですよっ!!」

「ところで、プラスαって幾らなんですか?!」

八神琥珀の無料レポートで、査定の前に準備して欲しい事や高く売却するテクニックについても書いています。

下記URLより無料レポートを取得して下さい!!

ディーラー査定価格本私も持ち歩いていますが、車種・年式・グレード・色によって基本査定が表示されている本です。

営業さんによっては、内緒ですよと言って見せてくれる事もありますが、基本的には、車の価値や希望金額が分からないお客様に見せています。

実際に、ディーラーさんで使用しているかは分かりませんが、本の表紙に「ディーラー査定価格」と印刷されているので、信憑性が高いですよね。

普通は、見せちゃいけないのかもしれませんが、見せることに意味があるんです。

実は手順があって、、、

1表紙を見せて、ディーラー査定価格をアピール

2表紙の○年○月版をアピール

3車名・年式・グレードを説明しながらお客様と一緒に見る

4基本査定価格を説明して、顔色を伺う

5お客様の反応によって商談内容を変える・・・

実は、このディーラー査定価格本・・・かなり安いです。

下取りよりも買取が高いのは今じゃ常識ですから、、、説明する営業さんも正直ビビって話してます(笑)

ですが、、、自分の車の価値が分からない方には、効果的な資料なんですよ。

なんせ、ディーラー査定価格本ですから!!

仮に、基本査定が43万円の車を50万円で買取したら、7万円も高く売れたと喜んで頂けますよねっ!!

3スマホで基本査定スマホで基本査定を見せてもらった事は有りますか?

お客様の前で、車名・年式・グレード・走行距離・車検日・オプション装備を入力して基本査定を算出してご説明します。

自分は、iPhoneのアプリで『GOOクルマ査定』を使っていますが、グレードを確認したり、基本査定を調べて商談に使用しています。

使い方としては、本部から基本査定価格が帰ってきましたと言って見せたり、お客様と一緒に見て、基本査定の説明をしたり、色々です。

先程もお話しましたが、一番多いのは基本査定の説明で使っています。

会社に査定データを送った後に、一人でまず基本査定を確認します。

オートオークションの相場よりも安い事を確認してから、その後に、お客様の前で一緒に入力していきます。

1トップ画面

2メーカーを指定します。

3車名を入力

4年式を入力

5グレード選択です。

6例えば内容を入力すると

7参考価格として表示されます。

4基本は基本です

ここまで買取店の営業さんが使うテクニックの一部をお話しましたが、参考になりましたでしょうか?!

ここからは、お客様の立場でのお話をさせて頂きます。

2・3の項目でお話した、基本査定本やスマホを見せられると、納得される方も多くいらっしゃいます。

しかしながら、基本査定の話が出来ない(あまり意味がない)お客様も実はいらっしゃいます。

どんなお客様か?自分の車の価値を、把握されているお客様です!!

大体の相場を分かっているお客様は、基本査定の話をしても、関係ないと言うか、響かないです。

『基本査定は、分かっていますので大丈夫です。』

『で、幾らで買取して頂けますか?!』と言うスタンスでご来店されます。

もちろん八神琥珀のレポートですから、高く売却する秘訣に繋がるのですが、、、

ポイントは、基本査定価格は、あくまで基本です!!

熱心に聞いて頂くのは、良い事ですが、このレポートを見て頂いた方には、

『分かりました。』『買取金額の提示をお願いします。』『何社か査定をして一番高いところで売却します。』と是非、言ってください。

後は、高く金額を付けてもらった買取店で売るのみです!!

↓無料の車査定はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です